ふんわり放牧

個人の日記です

AfterShokz Aeropex & SAMSON Q2U 買った

人に影響されてものを買うシリーズ,その2. 会社の金で買っても良かったが,自費で買うほうが容易なので,自費で購入した.

前提

自宅でオンライン会議アプリを使って会議をする毎日を過ごしている. 先月,ガッツリリモートで社外の人とZoom会議をやったのだけれど, 相手の音質の悪さが辛くなって,自宅環境を整備しようという気になった. ヘッドセットだと職場で買った Jabra Evolve 30 を自宅に持ち帰ったり, 以前から持っていた ゼンハイザーのPC8 USB を使ってたりしているのだけれど, 長時間付けていると耳や頭が痛くなるということがあったため,なんとかしたいと感じていた.

先行事例

AfterShokz Aeropex - hitode909の日記 でも触れられていたが, 骨伝導ヘッドセットというものがあり,これは頭や耳への締め付けもなさそうで,よさそうだと思っていた. ただし,Bluetoothのヘッドセットのプロファイルの問題で 音質が低下するということが起きることは,既に持っているBluetoothヘッドホンのヘッドセット機能を使っていて思っていたことで, これが唯一の懸念点だった. 音質の劣化は,集中力を削ぐ原因だと感じているため,極力なんとかしたいと感じていた.

作戦

入力と出力を分離する.具体的には,マイクを別に調達し,入力はマイク,出力は骨伝導ヘッドセットということにしたい.

ということで,買った.

こちらはタイムセールで15,998円で購入.

www.soundhouse.co.jp

マイクは7,458円で購入.こちらはUSBでも接続できるモデル. 風防やデスク用のスタンド,キャノンケーブルなども付いてきてこれさえあれば今すぐにでも配信者になれるという感じのセット. インタフェースがUSB-Cでないのが難点であったが,固定して使うだろうと思い,気にしないことにした.

上記の他に,マイクを机に取り付けることができる50cmのアームを購入. ディスプレイの裏からマイクを通し,会議のときだけ口元に持っていくというやり方にしている.

使用感

同僚と電話会議をすることで,雑な主観評価をした.機材として利用したのはWindows10のPCとiPad.アプリは職場で契約しているもの. まず,AfterShokz Aeropex をヘッドセットとして使った場合, こちらの音声は,USBの有線ヘッドセットと比較すると,明らかに音質が下がるという評価をされた. あちらの音声についても,やはりBluetoothの残念なプロファイルクオリティということで, 数秒であればいいが,長時間使用すると辛いことになりそう.

次に,AfterShokz Aeropex & SAMSON Q2Uの組合せ. 利用者としては,頭の締め付けがないのがいい.プロファイルを正しく選択すれば,音質も悪くないと感じる.

ところで,自宅から利用した場合,もともと使っていたUSBの有線ヘッドセットが一番聞きやすいというコメントをもらった. 発話自体は変わらないが,マイクが家の環境音を取ってしまうというコメント. やはり.口元にマイクがあるのは,いいんだろうなと感じた.

今後の課題

あえてiPadを使って会議をすることもあるのだが, 上記のように出力と入力をわける設定は iPadOS ではできなさそうということがわかった. 音を操作するアプリがありそうな気もするが,調査していない.

また,無線ヘッドセットの難点と指摘される,バッテリー切れの問題にはまだ遭遇していない. 実際のところ,何時間くらい持つのだろうか......

ヘッドセット一台よりは高い買い物*1だけれど,面白い組合せで仕事ができるようになったなと思った.

*1:今はヘッドセット自体が品薄で,入手できないが

リングフィットアドベンチャーをやり始めた

桐生あんず (id:kiryuanzu)さんも書いてるけど,私もやり始めた.

あんずさんのように30分やるとか無理で,10分くらいでしんどくなっている.

kiryuanzu.hatenablog.com

この一週間は繰り返しの生活をしている気がしてきた.

土曜日 午後

辻1on1

タイトルは辻斬りから着想を得ています.

土曜日の午後,id:hitode909Google Hangouts で 1on1 をした. やり方は以下にまとめてある.

blog.sushi.money

お互いWebカメラを使って相手の顔を見つつ,同時編集できるWikiを編集するスタイルでやった.

ところでうちの職場はなぜか相手の顔を見ずに話すことが多い. それは以前からそのように遠隔でミーティングをしていたときの名残だったり,帯域の問題だったりするんだろうなと思っている. 相手の顔が見えることの安心感みたいなものはあるような気がしていて, 音声だけだと自分が話しているのに,誰からも反応がなく,こちらから反応を取りに行くことができないとストレスが結構たまる. あと 1on1 ではまずないけど,複数人で遠隔ミーティングすると,相手から見えてないからと別のことをやったりするとかもあるかも.

Scrapboxという同時編集できるWikiシステムをお互いが使える状態になってることも,相手のメールアドレスを知ってることもやりやすさに繋がっている気がする. もしScrapboxがなかったら,Google Docsを使うとか?お絵描きチャットでもいいのかもしれない. 相手が話しながらタイピングできる能力があるのも,うまくいく要因かも? 話しながら書くのは苦手ですが,相手が書いてくれればいいと思って気にせずやればいいのかな.

いつもは飲酒しながら雑談することが多いので,話がとっちらかったりするけれど, 今回はシラフでやったので,比較的まともにコミュニケーションをした.

今週一週間一切出社できず,同僚とテキストコミュニケーションが主だったことで, 誰か 1on1 してくれ!とツイートしたことがきっかけだったけれど, この調子で私も 1on1 したいと思う.皆様よろしくおねがいします.

『超約ヨーロッパの歴史』読んだ

学び直しというと違う気もするのだけれど,自分の専門以外の分野の教科書を読む活動をしばしばしている. 特に仕事関係でいろいろと複雑になっているときは,無理やり風呂に入りながら仕事とは関係ない書籍を(防水の)Kindleで読んでいて, そのなかでもこの本は,適度に自分のレベルに合っていて良かった.

超約 ヨーロッパの歴史

超約 ヨーロッパの歴史

世界史は一応高校生の頃に履修していたはずだけれど,授業内容は一切記憶しておらず,しかしそのレベルでも難なく読みすすめることができた. 大学での講義録がベースとのことで,日本だと教養の講義がこのレベルなのだろうか. ヨーロッパの発展の理由を,3つの要素で説明していて,その説明は納得感がある. これよりも難しい本だと,それを読んで解釈することにリソースを奪われるというか,「集中して読まないと」と思ってしまい, また,そのような覚悟が足が遠のく理由にもなるため,これくらいが今は丁度いいのかもしれない.

新しい分野に入るときは,教科書だか入門書だかをまずは3冊読んでから入るという話があるが, 私は1冊でも満足してしまうので,3冊を読むというのは偉いことだなと思った.

上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 “SPECTRUM” 行った

東京公演はチケットが取る元気がなかったため,地方公演を観に行った. 運のいいことに前列のチケットを取ることができたため,間近で演奏を見ることが出来た. 聴いたというよりも見たというほうが自分の感覚には近くて, 想像以上の演奏を体験することが出来た. 知人が東京での公演よりも,地方の方がおすすめということを言ってたのだけれど, 距離感・迫力などを考えるとまさしくそうだなと感じた.もちろん東京の良いホールにも憧れはあるのだが.

自分でもびっくりしたこととしては,会場では異常にのめり込んで聴いてしまったことで, 一曲目が終わったあとに心拍数が無茶苦茶上がっていた. アルバムタイトルになっている曲や20分を超える曲などは,CDではなく生で聴いてみたかったので それだけで満足という感じ.

また行きたいですね.

Spectrum (通常盤)(SHM-CD)

Spectrum (通常盤)(SHM-CD)