ふんわり放牧

個人の日記です

転職活動をしておりまして(その八)

オファーを頂いてから連休もあったので2週間近く悩むことができた。しっかり待っていただいたのはありがたいなと思う。

@udzuraさんが「面接にフルボッコにされた」ことや「企業研究をする」ということを書かれていて、 尊敬に値するITエンジニアの一人である彼でさえこのように考えているのかと衝撃を受け*1、また私は彼のように行動できているだろうかということを強く思ったのだった。

note.com

一方で、転職・採用活動は、限られた時間で情報交換をして、お互いが判断をする構造の活動だとも思っていて、 どのようにうまく情報伝達できるようにするというところが、非常に重要だと思っている。*2 情報伝達がうまくできない問題を解決する方法の一つとして、採用側では構造化面接法というものがあるのだろうという理解をしている。

企業について調べていく活動は、研究における調査活動と似ているので、「全く無理!不可能!!」という気持ちにはならないけれど、 それでもテックブログ、入社インタビュー、Podcast、経営陣のWebのインタビュー、書籍などなど、全部目を通すことは難しいため、ベストエフォートにならざるを得なかった。

技術的な話は面接の時にも聞いていたので、どちらかというとカルチャーや社内制度について知りたいと思うことが多くて、 ブログエントリにしても、一つの側面からではなく多面的な情報、例えばエンジニアだけでなくデザイナや経営陣というロールの違いや、前職の仕事内容による入社時印象の差、場合によっては退職者の情報なども追うことで、社内の雰囲気を想像することができたかなと思う。自分がオファーを頂いた会社(たち)は、安定ではなく成長をするというフェーズというふうに伺っていたので、過去の情報がどれほど今後の参考になるかはわからないのだけれど、会社に流れる空気感みたいなものはそうそう変わることはないのかなと思っていた。また現職のように、トップや制度はどんどん変わっているけれど、部署ごとには変化に追いつけていないという*3構造は注意をして見ていた気がする。トップとメンバーの乖離は、一定規模の組織である以上どこにでもあることだろうが、程度を知りたいというか、どういう対応策を考えているかとか。

あとは、結果的にはお断りをする会社の情報収集の網羅率は高かったかなと思う。断る理由を探していたのか、別の会社に心が揺らいでいる気持ちを、うまく引き戻してほしいと思ったからなのだろうか。

多くの会社を受けていたこともあって、面接時に「企業研究をしたろ!」という気持ちにならず、 オファー面談後にサーベイを行うことになった。 結果的に企業研究不足で失礼をしてしまったところもあるだろうが、本質的には限られた時間でやり取りをするというのが根底にあるため、企業研究不足でお見送りの判断をした・されたところについては、縁がなかったのかなと思っている。

*1:技術コミュニティで著名である人ならば、面接は問題ないだろうと誤解していたところがある。真に技術者の評価であれば、外部の情報だけで判断するのは間違っているだろうのに

*2:実際に、選考を断った会社があるのだけれど、面接・面談のやり取りの中で、相手の情報がうまく取得できなかったことを理由として挙げた。

*3:これは偉い人が社外でも話していたので、そうなんだと思う

労働5

以前にも書いたかもしれないが、思い出したので書く。

出社してた頃、研究部門ではない他部署の人と懇親会などで交流することもあって、 「この人できる人だな〜」と思った人には若者の特権*1を使って、 「なんでウチの会社にいるんですか?」「転職とか考えないんですか」と不躾に聞いていた。 その中でもなるほどな〜と思った返答に、「一度仕えた人は裏切れないんですよね」というものがあった。 どうしても事なかれ主義の人が目につく組織なのだが、 この方は違う立場の人たちに対しても、厳し目に理路整然と指摘をするような人だったと記憶していて、 野武士集団と評されることもあった組織の雰囲気はこういうふうに残っているのだろうかな、と印象に残っている。 会社に残るという発想は、待遇のことを考えると必ずしも合理的ではないのだろう*2が、軸があるという点では尊敬できる態度だし、 他部門とのやり取りを任されている、信頼を獲得しているという点では、いい仕事生活なのだろうなと思う*3。 他にも仲間からは「あの人は不遇だよな」と言われながらも、「そんなことないですよ?」と飄々と前向きに仕事をするような人であったり、 自分はそのように考えられないだろうな〜と思った人との出会いは、いくらでも思い出すことができるのであった。

さて、私は仕えた会社を裏切ることになってしまったわけだが、 裏切るという点では、オファーを頂いた会社のお断りも似たような側面がある。 今日は期待していただいたのに大変申し訳無いなと思いながら、お断りの連絡をした。 また内定を受けるという連絡も同じようにする。断るほうが大変だなと思う。

(公開されている)現職の離職率の情報を見ると2%くらいで、 新卒の頃の(全社で研修を受けた)同期の退職者も、入社前に見積もっていた自分の想像よりは全然少ないという感じ。 転職をするのははっきり言えば逆張りのムーブだなと思う。 次の業界は数年で転職することがしばしば発生するだろうから、こちらも逆張りでできれば長く勤めたいものだなと思いますね。

労働は最低限仕事をすすめる。労働というタイトルだけど労働の話はほとんどないな。 家で「俺は長めの文章を理解できないのか?」と思いながらウロウロしていた。

*1:弊社では20代は確実に若者枠なので

*2:実は合理的であるかもしれない。とあるIT勉強会で、「どうしてオールドスクールな会社にいるんですか」と質問された方が「だって待遇いいじゃないですか」と答えられていて、「確かに〜」と苦笑いしたのを思い出す。視点次第である

*3:問題のある人は外部とのやり取りを任すと問題があるため、部署内に留めさせるという判断が起きることがあると見ている

労働4

現職、偉くなると秘書って人がつくんだけれど、秘書がついてるくらいの偉い人と退職に関して面談をした。 自分は去年異動してきた身なので、「あんまり関わりなかったですね〜〜」とか言ってたけど、 こちらは動画でいろいろと偉い人の発信を見ていたり、部署内イベントでいろいろとお願いをした立場だったりしたので、「親近感はありましたよ〜」とか言ってた。

退職に関してポジティブな理由とネガティブな理由をそれぞれ伝える(ここには後日書く予定)。 大企業にいるR&Dの偉い人なんてのは、雑に言ってしまえば国から技術力で表彰されるレベルのおっちゃんおばちゃんだったりするわけだけれど、 なんかそのへんにふら〜っといるから、そういうことを忘れてつい話してしまう、そういうことはしばしばあったかなと思う。 広くうちの会社/部署はそのあたりの権威が親しみやすい状態にあり、自分にとてもフィットしていたところはある*1 そんな人に自分なんかの退職理由なんてわかってもらえるのかわかんないんだけれど、否定せずに挑戦を応援してもらえるというのはありがたいことであったな。

ということで、レポートライン上のやり取りはすべて終わった。あとは何が残っているのだろうとワクワクです。

また職場では週イチのミーティングがあって参加したり、自分の最後の仕事の締切が決まったり。 中抜けしてオファーを頂いた会社の方と再度面談をしたりもした。

新卒の頃はどこに行くか悩まなかったのだけれど、今回はギリギリまで悩んでしまった。 現職の採用面接の時に「これは勝負に勝ちに行くものだな」と思って珍しく意気込んでいろいろ覚悟を決めて活動をしたことを思い出していて、 その手の覚悟が必要なことなのだろうということを、夜、お菓子を買いに最寄りのコンビニに行くために歩いてたときに理解した。 一方で「まぁ駄目だったら別の道もあるかもね〜」くらいのゆったりした感情も持ち合わせていたい。どのような決断をしても死ぬわけではないのだし。

なんか知らないけど妻が家にいたので、悩んでるんだよね〜って言いながらそれぞれの会社のことを伝えたところ、 元も子もないアドバイスをいろいろされて、「僕のことよくわかってるな〜」と思いながらも結局私は天邪鬼な選択をすることになりそう*2

緑茶を飲みながら、頭の緊張状態が解けた感じがあった。 実際、今日はスマートウォッチのストレス通知が何回も来ていて、かなり緊張していたのだと思う。

*1:会社の人に「なめすぎでは?」みたいなことを言われた気もするので、自分の性格もありそうだが

*2:そしてそのアドバイスでの指摘事項は入ってみないと本当のところはわからないのだ

労働3

午前中はマネージャー氏と退職に関するミーティング。この方はアメリカにいるので、朝の時間帯に。 退職することは上司(マネージャー氏とは別人)から伝えてもらっていたようだが、言語や文化の問題で上司も同席して齟齬が生じないようにフォローしてもらう。

退職理由が100%伝わったかどうかはわからないけれど、それは文化の差が大きくあるので仕方ない。 マネージャー氏からの質問は予期していなかったものだったので、そこは翻訳してもらって、質問の意図を理解した。 こちらからの返答を翻訳してくれた上司の言ってることは理解できるわけで、自分がノリでコミュニケーションをしているだけだということがわかる。 結局、1年近くアメリカのチームとも仕事をしていたが、めちゃくちゃ英語が使えるようになるとか、そういうことはなかったな、そういう努力をしようとならなかったなと自分の情けなさなどを思った。 とはいえ、気持ちよく送り出してくれたので、自分としてはとてもありがたい。

やっぱりしんみりしてしまって、仕事に手がつかなかったため、 午後からはオフィスでないとできない事務仕事をするためにオフィスに出張。 だいたいのことはネットワーク上でできるのだけれど、 具体的には福利厚生周りの手続きなどは他社とのやり取りの関係上?こちらで印刷して提出しないといけないものがあったりしたため仕方なく。

数年前までは自分の所属するオフィスしか使うことを想定されてなかったが、 コロナ前くらいから大きめの事業所の一部を、社員なら誰でも使える社内シェアオフィス空間にするという施策があって、 最近は全国津々浦々にある小さめの営業拠点もシェアオフィス空間として使える、みたいな状況になってきているみたい。 都心などにある大きめのオフィスも好きなんだけれど、小さめのオフィスもうちの会社っぽくて好きだなと思っていて、 その営業拠点の総務の人たちが工夫して回している感じがある。親がかつて勤務していた職場に似ているからだろうか。 日本全国の拠点、社内で見る限りそれぞれ面白そうなのだけれど、行けなかったのが残念だな。

帰宅中、ついでに病院によったり、さらについでに髪を切ったりして、結構自分の時間を過ごしてしまった。 出先でもできる仕事があったので、それをこなしながら電車に揺られていた。

労働2

今週の段階で、退職連絡をすることになっていたのだが、職場の連絡追えてなくて、いつのまにか会議が始まっていて、そこで退職することをチームメンバーに伝えた。 チームメンバーに伝えたので、部署向けの退職エントリを放流したり、関係者に連絡したり、自分が持ってるリソースの返却手続きをしたりしていた。

夕方にも会をしていて、朝の会議には参加していなかったチームメンバーにも伝える。 「不安材料なんてないので安心ですね~」とか言ってたけど、「それはそれ、これはこれでしょ」って言われて、確かにそうだなって思ったら悲しくなってきた。

まだ当分は働く予定なのだけれど、私はしばしば早めに動くことがある。

悲しい気持ちになったので、カレーを作った。 ハウスのスパイスカレーの匠というやつ。鶏肉と玉ねぎがあればうまいスパイスカレーができる。嬉しい。下北沢まで行く必要がなくなる。

労働

今日は休まずに出勤していた。といっても休みの間なのでふわっとしている。

午前中の仕事開始前に最寄りの郵便局に行く。その郵便局には初めて入ったけれど、なるほどこういう感じかとなった。 なんで郵便局に行ったか?というと、(お世話になったけれど、ろくに挨拶できなかった)先日退職された方にものを送りつけることにしたのだった。 スーパーに行って、昼食もついでに買っておく。

午前中はあれこれ事務手続きをする。本格的にいろいろ動くのは連休明けだろうか。

午後は人と話したり、その合間に書き物をしたりという感じ。

転職活動をしておりまして(その七)

面接は全て終わったことは以前のエントリで書いた。

転職活動をしたことがない人向け、あるいは数ヶ月前の私に向けての情報になるが、 オファー面談という会が最終面接の後に開かれる。 そこでは労働条件通知書と呼ばれる書類を受け取ったり、実際の業務内容について伺ったり、 往々にして他社の選考状況*1を聞かれたりする。 そのオファーに対する期限なんかも決められることが多いようで、いつまでに返答を求められてますか?と聞かれたりした。

ありがたいことに複数社からオファー面談を受けて、これはとても悩ましいことになったなと思っている。 ある一点のみを評価ポイントとして(例えば想定年収や社員数などなど)ソートすれば一番よい条件になるところを選べばいいのだけれど、そんなに単純なことではないだろう。評価ポイントは複数あるし、それぞれについて重みをつけることもあるし、そもそも気づいてない評価ポイントもあるかも......

この件については何人の人かに話のついでに相談に乗ってもらっており(会社のバックグラウンドチェックというよりは、自分の思考の整理だったり、あなたはどういう評価軸を持ってますか?という話をしている)、これは本当にありがたいなと思っています。助かる!

しかしこれはそもそも「転職」なんてのは職場、人間関係、仕事内容などなどの変化が起きる、そもそもストレスを感じる決断なのだ、ううむ。 現職の他の人に比べると、環境の変化への耐性はあるほうだなと思っている(ほんまか?)のだけれど、誰でも負荷を感じると言うしね。後悔しないように、しかし気軽な気持ちも持ちたいものだなぁと思う。いや、今日は全然持ててないけどもね。

*1:多くの求職者は並列で複数社受けることが多いらしい、私もそうでしたが