読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわり放牧

個人の日記です

社でやってたイベントに参加した

概要

社でやってた勉強会的イベントに参加した. 社内であったことは基本的に書かないことにしているけれど, いろいろと思うところがあったので書いておく. 当然ながら以下の文章は個人の意見であり,組織を代表するものではなく,責任は私にある.

本社の改善的なアクティビティを主務にしている部署が主催で, 外部の講演者を呼んで講演やパネルディスカッションをした. マウンテンビューの方や松江の方,二子玉川の方,あとは西新宿の方などがいらしていたし, 会社からもLinuxやOpenStack関係の開発者やマネージャが発表していた.

会社の人,会社自体は大きい会社だけれど,目立つ人は目立つというか, 有名な人は有名だな(Twitterにおけるフォロワー数が多いとかそういう指標はないのだけれど)ということを思う.

当日の内容

テーマはオープンソースソフトウェア (OSS)で,「それ,何回目の話やねん」「今更遅すぎるのでは?」ということを思うわけだが, 社の抱える問題として,製品・サービス開発にOSSを利用し,サービスとして提供できている部署や人たちがいる反面, OSSに否定的ではないにしても,どう関わればいいのかわからない開発者が多いという問題がある. Web業界の人が聞くと驚くだろうが, これは別に弊社に限った問題ではなく,同じ業界の友人からも聞く話題で, こういうふうな社内外での勉強会を開催したり, いくつかのOSSコミュニティは,コントリビューションに関する手ほどきの会を提供しているのだろう.

松江の人の基調講演的なものは,どこの発表よりもプリミティブなものだったし, パネルディスカッションもなかなか面白かったと思う.

いくつか思ったこと

話をややこしくさせていると感じたことの一つに, 「OSSの問題」と言い切るのは簡単なのだけれど,実はOSSの問題ではない問題もあると思っている. 今回もそもそもの主題や問題提起がふわっとしていたこともあって, 登壇者(パネルディスカッションのファシリテーターも含む)は非常に苦労したのだろうなと思う. もっとも,組織や人間の抱える問題は単純ではないと私は考えており, その問題について,きちんと考える時間や発表する責任を持っていない人が,いきなり表現できることではないと思っている.

講演者の誰かが言ってた「好きなことをやろう」「仲間を集めよう」的なのは,最近非常に思うところで, 言語を作るときや巨大なOSSに取り組むときにどうやって(ゆるやか・組織の壁を超えた)にチームができていったかというのは, 面白かった.

勉強会に対してアグレッシブな人たちについて「こういう場に集まる人達」という言葉を言う人がいるけれど, たまに面白げな会に集まる人たちと,何があっても絶対来ない人がいる気がしていて. 私も学生時代から,忙しくなるとミーティングやTalkに行かなくなる傾向がある.

「直接的に良いことがないと,勉強会に行かなくなる現象」は短期的には仕事が進んで良いが, 長期的には自分にマイナスになる不安がある. 勉強会,「友達に会いに行く」というところに焦点を当てると「行きたくねぇなぁ」みたいな気持ちは晴れるのだろうか.

とある,社の人は「会社の枠組みに乗ってしまうと,面白くなくなるので,枠組みがないところで遊ぶのがよい」と言っていて, いろいろな考え方があるなと思ったことを思い出す.

講演者の都合上,英語発表やディスカッションもあったのだけれど, どうも日本語話者の発表はテンポが悪い感じが否めなくて, 言語の問題もあるし,お作法の問題もあるなということを思った.

しかし,英語話者が英語を使ってディスカッションをしていても, お互いのバックグラウンドの探り合いをしていたり,当たり前のことを話し合うシーンもあるので, 人間が発話において交換できる情報量というのは,限界があるのではないかなと思ったりもする.

おわりに

なかなか面白みのあるイベントだったのだが,自分自身がどう関わればいいかわからないところもあった. この話を社内に投稿しても良かったけれど,別に問題がある話はないし,ここに書いておく.

こういうのは,何も言わずに帰るのが最悪で, 一応質問をして場には貢献したつもりになっているけれど, コミュニケーションを自分から起こす気にならず. どうしても講演者と聴講者みたいな感じになってしまうのが残念.

あの会場,椅子が悪いのはなんとかならんもんかな.

ICSE 2016 勉強会に参加する予定

International Conference on Software Engineering (ICSE) というソフトウェア工学分野の国際会議がある. そこで発表された研究論文を読んで発表する会が今年も行われるようで, 会社の人が参加者を募っていた. この会,うちの部署では若者が発表すべきという雰囲気がなんとなくあるため,なんとか都合をつけて発表したい.

この会,聴講するだけならふらりと行くだけで良く, 会場も東京だけでなく名古屋・大阪・福岡といくつも会場がわかれているので,参加もしやすい. この分野に興味があるなら,ちょっとしたビジネスセミナーや偉い人の講演よりも面白いかもしれない.

研究室・会社(研究グループ)ごとにセッションが割り振られるため, 自分の興味以外の論文を引く可能性もある. 事前に興味のあるタイトルだけリストアップしていたので,Spreadsheetに転記した.

ICSEが開催されていた時期は研究者のTwitterの投稿も盛んで,一度でいいから行ってみたい,と思った. という話を,海外の研究者にしたところ「いつかじゃなくて,必ず!」というようなツッコミを受けるのも,お約束になり始めている.

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました - hitode909の日記

SANER 2016に参加した

23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2016) という国際会議に参加した. 開催場所は,大阪の吹田市大阪大学吹田キャンパス. 国内で行われる国際会議ということで,出張として参加した.

今回は純粋な聴講として参加したのだけれど, 目立つ人は,参加者やsession chairから,名前で読んでもらえる (名前を覚えてもらえる)というのが印象に残っている.

第1回SIGPXに参加した

概要

もう先週のことになりますが, 2月27日に東京工業大学 大岡山キャンパスで開催された, 第1回SIGPXに参加しました. 第1回勉強会 | SIGPX: Special Interest Group on Programming Experience

きっかけ

情報科学若手の会」でお会いした加藤さんと, SPLASH 2015 でお会いした増原先生が発起人になっている会で, 好きな人が集まって発表・議論をする会という, (発表内容的にも)IT勉強会と研究会を足して2で割ったような会でした.

感想

私は,ソフトウェア工学 (SE)分野の研究員で, 業務でソフトウェア開発の支援に関する研究開発を行っているということに加えて, 開発環境やツールに関する個人的な興味が出始めたということもあって, 非常に楽しい時間でした.

特に,宮下先生のトークは非常に共感できるところが多く,もっと早くお会いしておけばと思い, また,上野先生のトークも別の方から研究内容の概要は聞いていたのですが, 直接伺うのは初めてで,お仕事内容を網羅的に聞けてよかったと思います. 動いている増井先生を見たのも実は初めてで,ブログや雑誌などを見聞きしていたくらいなのですが, 想像と同じ方向性で,振り切れてる感じが良かった.

各分野の人たちが研究と思っていること,いないことが, 他分野では既にやられていたり,最先端の研究になりうる可能性というのを私は面白がっていて, そういうことに自覚的な人は意外と少ないのではと思っているのが最近. やるべき人が補間していき,本当に良いもの・良いコミュニティを作っていけたらと思うところです.

SE分野ではないが関連分野で研究開発をしている同僚と参加したのですが, 帰宅途中に話が盛り上がって,夜中,眠くなるまで話をし続けていました. これまで勉強会などは一人で参加することも多く,個人的な立場としては同じ所属の人と固まるべきではないなと思っているのですが, 終わった後に話をしてみると自分とは違う気づきがあることが,良かったと感じています. 今後も同僚を誘っていきたいなと思った瞬間でした.

次回もよろしくお願いします.

SPLASH 2015に参加した

会社の研修制度を使って The ACM SIGPLAN conference on Systems, Programming, Languages and Applications: Software for Humanity (SPLASH 2015) という国際会議に参加した. 開催場所は,アメリカのペンシルベニア州ピッツバーグ

主にSmart Software Strategiesというワークショップに参加し,他の参加者と議論をした. テーマに沿って議論をするタイプのWorkshopはこれが初めてだったが, イーゼルパッドと少ない参加者,そして興味のあるトピックのため,まだ本当に撃沈せずに済んだという印象. ただ,「議論の作法が全く身についてないな」という実感があった.

開催中にCMUに行った話もあるが,時間があるときに追記する. また,この前にはベイエリアにも行ったのだけれど,その話も時間があるときに追記する. 初めてのアメリカということでえらく印象に残っている*1

*1:最初で最後にならないようにしなければならない

第48回情報科学若手の会に参加しました #wakate2015

概要

伊東市は山喜旅館で開催された, 第48回情報科学若手の会に参加しました. 期間は2015年9月19日から21日, 参加者は幹事の方や発表者を含めて約50人くらいでした.

KPT

要約代わりにKPTです.

Keep

  • (終日)体調良く過ごす・荒れない・酔いつぶれない
  • (セッション中)疑問に思ったことは,質疑応答中に質問する
  • 参加する前に目標を設定し,達成する

Problem

  • 寝坊して特急指定席が無駄になった
  • おみやげを忘れた (自宅の冷蔵庫に入れたまま......)
  • 技術的な話ができなかった?
    • かつての専門の関連分野に関する質問を受けたが,うまくサジェスチョン出来たかは微妙…...
  • 発表しなかった

Try

  • 来年も参加
    • おみやげは忘れない
  • 発表を行う
    • 専門について知見がたまっており,来年だったら話せることも増えてる(はず)

初めて参加してみての感想

初参加です.非常に刺激的な3日間を過ごすことが出来ました. きっかけは前の所属の人が毎年誰か行っているイベントであったため興味を持っていたことと, 仕事の方も徐々に慣れてきて人と交流する余裕が出てきたということ, また,若手特別講演では加藤淳さんが発表されるとのことで,すかさず参加登録をしました.

個人的な話ですが,ここ数日慌ただしい日々を過ごしており,いろいろと気持ちが沈むことも多かったのですが, 多くの若手の皆さんの講演・発表やその後の交流を通して,非常に面白おかしく過ごすことができました. ということで,情報科学の学生の皆様だけでなく, 慌ただしい日々を過ごす元情報系学生の方や, 就職してはじめて情報系の業務をやられてる方にもおすすめの会です.

内輪だけで盛り上がるような,新参者には厳しいイベントに見えるのかもしれないという懸念があるようなのですが, 初めて参加してみての感想としては,初参加でもぜんぜん大丈夫でした.

「これが好きです!」という人が多く集まる会ですから, 人との交流や意見交換の気持ちさえあれば,全く知り合いがいない一人からの参加でも楽しめるのでは?と思います. 発表者は当然話しかければグイグイ来ますし,発表者以外の方とも何かしらの接点はあるはず, 知人が数人参加しておりましたが,知人とは挨拶そこそこに初めての方とお話をするほうが多かったかもしれません. ただしTwitterアカウントはハッシュタグを追うためにも持っておいたほうがよくて,私はその場で作りました.

交流中の気付き

初心忘れるべからずというか,初期衝動を思い出させてくれることも良さでした. プレゼンテーションやその後の会話での専門分野に対する異常な愛情は, 大学院時代を思い出させてくれるものでした.

私はまだまだ若いつもりでしたし,実際若いため悩みは尽きないのですが, 「これから研究室に配属されます」という方や「大学院進学に迷っていて」という方もそれなりにいらっしゃったため, 私がいろいろと体験談や意見が言えてしまう立場になっているのだなと,しみじみしてしまいました.

以前,Webエンジニアの友人が,"Don't trust over thirty." (30歳以上の言うことを信用するな),という言葉を教えてくれて, 今回の私の存在もそれに近いものではないかなと,慎重になったところではあるのですが, 正例でも負例でもいいので,参考にしてもらえれば話したかいがあったというものでしょう. 私も周囲の人間に影響されながら,生き延びてる感じはあるので.

会場で会話した内容についての考えはいくつかあるのですが, 冗長になりそうなので,このくらいでとどめておきます. それではみなさん,(また)伊東でお会いできる日を楽しみにしています.